底辺の底辺による底辺のための日記

ブラックだった広告代理店を6年勤務後、フリーランスになる。「旅するノマドワーカー」を目指しWEBライターなどをしながら生計を立てる。従業員という働き方以外の生き方を目指して日々の奮闘日記を書いていきます。

スポンサーリンク

愚痴は時間の無駄!!

 

f:id:t224yamamoto:20190111022223j:plain

目次

はじめに

みなさん、こんばんは!!底辺党代表のにょろにゃんです。

 

私がサラリーマンとして働いていた頃は愚痴をひたすらこぼしておりました。入社当初に自己啓発本を買い、成功者は愚痴を言わない!っといった格言を読み込んでいたにも関わらず社会人5年目には居酒屋で愚痴大会に参加するのが好物社員に変化していたのです。

 

愚痴は言わない方が良いっと思っていたのに、自分は普通のサラリーマンだから良いんだ。成功なんて叶わないから良いんだ!っと不貞腐れて人生を放棄していたように思います。

元上司との食事で気づいた。

僕は自由に働けるフリーランスとして仕事がしてみたいという目標があり、会社を退職する事になりました。そして、今はプログラミングとWEBデザインの勉強をしております。その勉強期間を得る為にも営業をしていたサラリーマン時代に2年間は貯金生活をしておりました。

 

久しぶりに勤めていた会社の元上司から食事に行こう!と誘わる機会があったので行くことにしました。会った瞬間から愚痴大会がフラッシュバック・・・「入った新入社員がすぐ病欠で休んで使い物にならないよ。」「俺はもう歳だから、君は若くて良いな。」「俺も転職サイトからオファーとかは届くんだよ、今の会社を辞めたらタダじゃ済まないと思う」「次、何か社長と揉めたら俺は辞める覚悟でいるんだ」「今の会社は暗くてつまらない」とダラダラと愚痴をひたすら言う元上司・・・。

 

僕は黙って「そうですか~」っと1時間ほど黙って頷いておりました。内心(時間が勿体ない)っと感じました。

 

確かに、立場とか役割とかあって辞める事は新しい事始めるぐらいエネルギーを使うと思います。しかし、愚痴を言っている現状は何も変わらない。現状を変えていける力がある人は愚痴を言わない。だから、成功する。僕はそう思いました。

 

愚痴を言うなら動け!

僕も愚痴を今までずっと言ってきました。でも、やっと行動する事ができて。一緒に愚痴を言い合っていた人と改めて客観的に会話をする事によってどれだけ愚痴が時間の無駄かという事を感じる事ができました。

 

愚痴を言うのを辞めて、その愚痴の種と向き合いながら生きた方がどれだけ人生らしい生き方と言えるのでしょうか。

 

「新入社員が使えない」→どうしたら成長してくれるか考える。「僕はもう歳だから」→やりたい事あるなら歳は関係ない。「会社がつまらない」→転職・独立・副業。自分の目標の為にできる事ってめちゃあると思います。

 

居酒屋で愚痴大会に参加する為に、2時間~3時間と3000円~5000円の金と時間を使うのって本当にバカげている。

 

余談:向上心を持ての「向上心」とは?

キャリアウーマンと周りから呼ばれている女性と先日、数人での食事会で話をする機会がありました。その方は英語もバリバリで外国人と交渉などもしたりと、僕は英語できないので純粋にすごいと思いました。土日も常に運動や人脈作りなどで予定をパンパンに入れて活動的に生活しているようです。

 

好きなタイプをちゃっかり聞いてみました。

 

「向上心のある人が好きです」との事でした。

 

僕は「向上心」ってなんだろうっと疑問に思い。そのあと、頭の中をぐるぐると「向上心の文字」が回っておりました。

 

僕は場所や時間など、自由に働きたいという目標を持ち現状を変える為に退職しました。朝はゆっくりと起きて自分の好きな時間にブログ書いたり、新しい仕事の勉強したりしておりますが。あくまでもそれは、自分が少しでも自由にラクをしたいという願いから来ております。つまり、ラクをするための努力は「向上心」と言えるのだろうか。笑

 

その方にとっての向上心とは英語の勉強や海外にいったり、より高いお店やブランド品を買えるように高収入を得る事が向上心と思っているかもしれません。いわゆる成功者という姿を目指していると思います。

 

でも、ブランド品とか高収入とか僕は興味がなくて、そりゃお金はあれば困らないけど。収入が下がったとしてもマイペースに生きていく為の努力は「向上心」と言えるのだろうか。今だ答えはでていません。

 

とりあえず、愚痴は吐かないように自分の目標に向かって(向上心?を持って)1日1日を努力したいと思います。

スポンサーリンク