底辺の底辺による底辺のための日記

ブラックだった広告代理店を6年勤務後、フリーランスになる。「旅するノマドワーカー」を目指しWEBライターなどをしながら生計を立てる。従業員という働き方以外の生き方を目指して日々の奮闘日記を書いていきます。

スポンサーリンク
お名前.com

ミニマリストは気品がある。

ミニマリストは物を持たない。

それが故に、

物を買う時は良いものを買う。

そして、物を大切に使う。

だから、物に魂が宿る。

そうすると、オーラになる。

 

物を選んだら悩んだりしないから。

決断力がかからない。

だから、時間に余裕がある事で自分を磨く時間に使う事ができる。

 

現代が生んだ、ミニマリストなのだ。

 

スポンサーリンク