底辺の底辺による底辺のための日記

底辺が脱サラをする為、四苦八苦する男の何気ない1日を書き綴っていきます。

進撃の禁煙

その日、 喫煙者は思い出した。

ニコチンに支配されていた恐怖を…。

喫煙席に囚われた屈辱を…。

 

36時間達成まであと少し、

なんだよ!楽勝じゃねぇかよ!

そんな風に何気なく歯医者に行ってきた。歯医者でストレスを感じ、帰り道にコンビニを見た瞬間、僕は思い出した。

 

ニコチンに支配されていた恐怖を…。

 

体が勝手に数字を伝え、なぜかポケットに入っていたライターでタバコに火をつけて一服してしまったのだ。

 

くそぉぉおおおおお!!

 

駆逐してやるッッツ!!

 

体の中からニコチンを駆逐してやる!!