底辺の底辺による底辺のための日記

ブラックだった広告代理店を6年勤務後、フリーランスになる。「旅するノマドワーカー」を目指しWEBライターなどをしながら生計を立てる。従業員という働き方以外の生き方を目指して日々の奮闘日記を書いていきます。

スポンサーリンク
お名前.com

嘘の1日

今日は7時に起きた。

いつも通り歯を磨き、シャワーを浴びてスーツを着る。朝は満員のジェット機に乗りニューヨークの会社に出勤する。

満員だから、トイレになんていけない。

片道10時間いつでも漏らして良いようにオムツは必須アイテムだ。

到着して、祖母のマロンからお小遣い1億円を貰って帰るのが僕の仕事だ。

 

マロンは優しくモーニングを作ってくれ、良い香りのするホットコーヒーと1億円を僕にくれる。

 

オムツ代だけポケットにしまい、残りのお金は四次元ポケットにしまい、すぐジェット機に乗り家に帰る。

帰りは帰宅ラッシュで、これまたオムツは必須だ。

 

家に帰ると2つのオムツを捨てて、熟睡にはいる。四次元ポケットにしまっておいた1億円がどこにいってしまったのかわからなくなって、次の日にまたジェット機に乗りマロンの家に向かう。

 

今日も、そんな平凡な毎日を過ごしている。

スポンサーリンク