底辺の底辺による底辺のための日記

底辺が脱サラをする為、四苦八苦する男の何気ない1日を書き綴っていきます。

なぜ、上司は怒るのか。

 

皆さん、お疲れ様です。

怒られるって気持ちが良い事ではない。のは確かですよね?怒られる事が大好きって人は、ドMか、相当器が広くポジティブな考え方ができる人じゃないでしょうか。

 

私は怒られるのが大嫌いです。

少し仕事で指摘されるだけで、あからさまに態度にだしてしまうタイプです。

完全に自分の世界に入り、話しかけさせないオーラになってしまっていると思います。

 

でも、最終的には冷静に怒りを落ち着かせる方法を知っていますので、すぐに回復させます。

 

なぜ上司は、そして、人は怒るのか。

結論から言うと、

「自分の立場を守りたい」のです。

 

例えば、嫉妬する彼氏がいるなら。

彼女が他の男と喋ると姿を見て怒ります。

自分という存在価値を守る為です。

 

じゃー上司はというと、自分のポジション(役職)を守らなければなりません。

更に言えば、社長です。

社長は毎年赤字だと、通信簿の最低評価です。外部役員からクビと言われてもおかしくありませんし、社長もお客さんや外部の方に怒られたくありません。その為に社長はそれぞれの部署の長に怒ります。

 

部長は社長に怒られたくありませんので、部下の行動など、思い通りにいかないと怒ります。

 

そして、部下は部長に怒られたくないのでせかせかと頑張ります。そして、社畜が産まれます。

怒るおっさんの部長は、おっさんの社長に怒られたくなくて怒り。怒るおっさんの社長も、どこぞやの客や外部役員のおっさんに怒られたくなくて怒り。また客も自分の会社で怒られたくないから業者に怒る。

という、日本中のサラリーマンが、

「怒られたくないから怒る」という、嫌なループ現象が起こっているんだと私は感じております。

 

息苦しい世の中ですね。

まぁ、怒られたりした時は、怒ってきた人も他の人に怒られない為に必死なんだなー。って思うのが良いと思います。

 

責任のなすり付け合いしてまで、頑張る仕事内容なの?って正直思っちゃいますけどね。

誰のせいなのかって何かと押し付け合うのは日本の悪い習慣だと思います。

 

 

まぁそんなつまらん事で怒り疲れるより、適当に流しておきましょうや。