底辺の底辺による底辺のための日記

底辺が脱サラをする為、四苦八苦する男の何気ない1日を書き綴っていきます。

俺は遅刻してねぇ!!

 

 8時30分に目が覚めた。

うちの会社の始業は9時だ。

 

5分で家を出た。

ひたすら走った。

ちょうど電車が行ってしまう。 

 

最短ルートで会社に向かった。

会社に入る時に自分の時計を見たら、8時59分。間に合ったーっと安堵して入った。

 

すると、すでに朝礼が始まっているではないか…。みんなが俺を見る。

会社の時計は1分早いようだ。

顔がひきつる。社長がこちらを見る。。。

 

朝礼が終わり、自分の席に着いた。そして、何事もなかったかのように自分はデスクワークを始めた…。

 

部長がこちらを見ている。

目があった…

遅刻っとポソリと言った。

 

無視した。

なぜなら、自分は「遅刻ではない」と自己洗脳を始めていた。

 

社長がこちらを見ている。

まるで、てめぇ遅刻したのに謝りにもこねーのか!!って顔をしている。

だが、無視した。

 

なぜなら、自分は「遅刻ではない」と自己洗脳をしているからだ。2回目)

 

 俺は遅刻してねぇ!!

自分の時計は確かに59分だったし。

それに、会社時計は9時00分だった!!

そう始業の9時00分に俺はその場にいたのだ!

たとえそれが、00分50秒だとしても。

 

そして、すぐに営業に出かけた。

「俺は遅刻してない!!」

「俺は遅刻してない!!」

「俺は遅刻してない!!」

「俺は遅刻してない!!」

「俺は遅刻してない!!」

と頭の中で100回唱えた。

 

本来遅刻をすると、遅刻届けという書類を提出しなくてはいけない。

断固として、提出を拒んだ。

 

なぜなら、、、もう言いたい事はわかるであろう。。。。

 

俺は遅刻してねぇ!!!!!