底辺の底辺による底辺のための日記

ブラックだった広告代理店を6年勤務後、フリーランスになる。「旅するノマドワーカー」を目指しWEBライターなどをしながら生計を立てる。従業員という働き方以外の生き方を目指して日々の奮闘日記を書いていきます。

スポンサーリンク
お名前.com

根暗ブロガーの日常【飲食・本屋編】

f:id:t224yamamoto:20180329132447j:image

ある喫茶店に行ったんですよ。

まぁコメダですけど。

お昼ご飯も食べようと思いましてね。

アイスコーヒーとフィッシュフライバーガーを食べようと思いまして、大好きなんですよ。

 

f:id:t224yamamoto:20180329133711j:image

また、店員さんが凄い元気でね。

暗いよりは元気な店員さんの方がいいですけどね。声がバカでかいんですよ。

 

「ご注文を確認いたします!!アイスコーヒーブラックと、フィッシュフライバーガー!!、ですね??( ͡° ͜ʖ ͡°)??」

 

「は、はい(΄◉◞౪◟◉`)」

 

喫茶店中に聞こえる声で言うんですよ。

なんか僕、小っ恥ずかしくなっちゃうんですよねwww

 

自意識過剰なだけですが、

あ、あいつフィッシュフライバーガー食うんだ。ってみんなに笑われてないかなって心配になるんですよ。

 

あいつフィッシュフライバーガーみたいな顔してるもんなー。

 

ってバカにされてないかな?って。

 

場所は変わり、、、

 

本屋に行ってもそうですね。

 

ちょっとブログの勉強でもしようかなって思って、「ブログ飯」って本買おうかなと思ったんですよ。やっぱりブログもただ書くだけではなく、収益をもたらそうと思ったら勉強は欠かせないと思ったんですよね。

 

 

でも、根暗なもんで。

買う自分想像したんですよね。

店員さんに「あっ、この人ブログ飯したいんだーwww」って心の中で笑われていないか心配になるんですよね。

 

全然恥ずかしい事じゃないんですけどね。

自分の思考が外に出る事に抵抗感じるんですよね。根暗だから。

 

特に可愛い店員さんだとダメ。笑

汚ったないババアくらいの店員さんだと安心して購入できますね。

なんか汚ったないババアやジジイの店員さんの方が強気で買えるという感覚はありますね。

日々感謝ですよ。

 

それにしても、

もう同じ店員さんに会うことはないかもしれないし、赤の他人なのでどうでもいいって割り切っちゃえばいいだけなんですけどね。

 

自己啓発本を買う時は、

基本アマゾンで購入する事が多いですね。

配達してくれる人は箱の中に何が入ってるかタイトルまでは分からないじゃないですか。

たぶん。

それに読みたい本を本屋で探すのがまた面倒なんですよ。

 

店員さんに「ブログ飯ってどこですかー?」

なんて聞こうものなら、ブログ飯ブログ飯って言いながらあちこち探し回っちゃうし。

下手すると大きい声で「ブログ飯は!!こちらの棚にございます!!」なんて言われたらめちゃ恥ずかしいですよ。

 

ほかのお客さんに

 

「あ、あいつブログ飯したいんだー」

って思われちゃいますからね。笑

 

恥ずかしくて帰っちゃいますよ。

なんせ根暗なもんですから。

 

根暗な方はアマゾンで本を購入する事をオススメ致します。ポイントも貯まる(΄◉◞౪◟◉`)☆

 

スポンサーリンク