底辺の底辺による底辺のための日記

ブラックだった広告代理店を6年勤務後、フリーランスになる。「旅するノマドワーカー」を目指しWEBライターなどをしながら生計を立てる。従業員という働き方以外の生き方を目指して日々の奮闘日記を書いていきます。

スポンサーリンク
お名前.com

社畜は人生3分の2が死んでる。

 

「平日はよ終われ。」とツイッターに書こうと思い、少し考えてその文章を削除した。

 

平日って月間20日もある。

年間の半分以上が平日って事だ。

その平日を、はよ終われ。って言うのは、

人生はよ終われ。って意味にもなる気がしたからだ。

 

人生諦めたと言っている感覚になって、削除した。まだ諦めたくない。

 

平日が幸せにならない限り、

人生は不幸せなのかもしれない。

 

 

最近ずっと書いているが、

自転車通勤を始めた。少しでも平日を楽しみたいと思ったから。実際に自転車通勤は楽しい。

 

ただ。9時に出社してから残業して帰る20時〜21時までの約12時間。僕は死んでいる。

全く生きた心地がしないように働いているからだ。

 

12時間×平日5日間として、一週間で60時間も死んでいる。年間約2880時間。約120日間を憂鬱に過ごしてる。

年間365日あるうちの、約120日が憂鬱。そして120日が睡眠。残り120日が休日。

 

憂鬱に社畜してる僕の人生3分の2が死んでる事を意味していた。

 

 

人生自由に過ごせるのが1年にたったの120日しかないって。。。3分の2が死んだ人生で良いのか俺は。寝なくて良い状況だとして4ヶ月しか自由がないんだ。

 

4ヶ月は自由に遊んでいいよ!?

でも、残りの8ヶ月は睡眠以外は全部仕事な!

 

3年3ヶ月は自由に遊んでいいよ!?

でも、残り6年4ヶ月は睡眠以外は全部仕事な!

 

死んじゃうぜ?6年4ヶ月も睡眠以外ずっと憂鬱だったら。

 

もったいない。本当にこれでいいのか。

平日を楽しくするんじゃなくて、仕事を楽しくしないといけない。仕事しないと食べていけないしさ。

 

・仕事自体が憂鬱なのか?

・職場の人間関係が憂鬱なのか?

 

両方だ!!

仕事もそもそも営業なんてしたくない。

知らないビルに一人で入っていき、知らない人に売る。それよりも、家でゴロゴロしてるのが好きだ。

 

営業よりも嫌いなのがワンマン社長だ。

恐らく脳みそは1cmくらいしかないであろう。

 

自分の立場が守りたいのは分かるけど、思う事ばかりである。

 

いつでもこのクソ会社から脱出できるように、着実に貯金計画は進んでいる。。。。。

スポンサーリンク