底辺の底辺による底辺のための日記

底辺が脱サラをする為、四苦八苦する男の何気ない1日を書き綴っていきます。

就活時代とのギャップ。社畜だが1mmでも理想へ。

f:id:t224yamamoto:20180411165317j:image

理想と現実は違う。

当たり前の事かもしれない。

 

そのギャップが大きすぎて落ち込む。

 

こうさー。本当に思うけど。

学生の頃に描いてた社会人の自分って。もっと輝いてたように思うんだよなー。

・・・

f:id:t224yamamoto:20180411225115j:image

いつも通り会社に向かっていた。

朝御飯なんて食べる余裕はない。

今日は雨だから電車通勤で憂鬱。

少し混んでいる。

 

入社したばかりの頃は2〜3万の革靴を買っていたが、6年目の今は5000円の運動靴みたいな営業靴をアマゾンで購入して履いている。

入社した当時はポーターの鞄だったが、今は無印良品の5000円の鞄だ。

いつからだろうか。。。

 

満員電車の中から黒いリクルートスーツの就活生の会話が聞こえてくる。

 

「ねぇ!私昨日の夜中2時に寝たんだけど」

「え!私もやばい!面接の内容全然頭に入ってないよ」

「あれ、〜ちゃんはどの業界受けてるの?」

「私は、商社と銀行と食品関係」

「結構幅広く受けてるんだねー」

「もう面接何社受けんだよって感じだよー」

 

その女子就活生の受ける業界に自分の今いる会社は、業界的に当てはまらないなって寂しさを感じたが。まぁ、会話の内容は5年前の自分を思い出させるような感じだった。

 

f:id:t224yamamoto:20180411230212j:image

就活生の時は友達よりもどれだけ誇れるような良い会社に入社するか。

それしか考えていなかった。

でも、そんな大手企業に入れる事もなく、飛び込み営業が多い業界に入った。

 

内定が出た後なんてひどかった。

 

友達とちょっとお洒落なお店にバイトで稼いだような小金を握って。

俺たちは天下を取るぞ!って勢いで会話が弾んだ。

 

今のザマを見ると笑っちゃうけど。

 

理想としては、期待の新人として大きなプロジェクトを任されて、ドンドン結果を残して、スタバで企画書作って、ちょっとだけ残業して、合コンとか楽しんだりして、仕事も忙しいけどそれなりに楽しくてプライベートも充実している。格好もすごくオシャレでね!

 

 

今はどうだろうか。

残業すると20時は当たり前に過ぎる。

上司に罵倒されてまるで使い物にならない。

服装はコスパが良いものになって行く。なぜなら、営業で歩きまわるし、荷物も持ったり、汗をかいたりもするから消耗が激しい。

 

給料も安くて貯金をしようと思ったら何もできない。たとえ早く帰れる日があったとしてもせいぜい女の子に奢れるのはドトールのSサイズの220円のコーヒーだ。

 

見栄を張ろう物なら貯金が抹消される。

 

だからかなー、

キラキラしてる意識が高い就活生みると、半分嫉妬と哀れみを感じる心境に陥る。

 

「ええなーこいつはまだ選べる」

「理想通りいくわけねーだろ!」

 

って。

その感情って結局。

自分が今満足した生き方できてねーからなんだよなー。

 

f:id:t224yamamoto:20180411233025j:image

1mmでもいいから!!

理想に少しでも近づきたい!!!

 

社会人が具体的になってから分かる、本当の理想の自分の姿を見えてくる。

 

特に、見栄だったりとか、みんなが就活してるから自分も就活って思って働き始めた人!

 

嫌な事に押しつぶされそうになった時に続けられる趣味って自分にとって本当に好きな事なんだと思う。

 

僕の場合はずっと記事にしてるが自転車が好きだ。自転車に乗ってる時間を増やす為に自転車通勤用の自転車も購入した。

 

f:id:t224yamamoto:20180411233453j:image

雨の日以外は、通勤が楽しくなった。

できれば、好きな事をもっともっと強化していきたいと思ってる。

 

理想の姿は敏腕営業マンから自転車で旅するライターに変わっていた。

でも、自転車で旅するライターなんて腐るほどいると思う。

だから、なんだろなー。

なんか特徴のある旅人になろうって。

今思いつきました。

 

そう思えただけで、

今日も1mm成長した事になる。

 

たしかに、就活時代の理想と今のギャップは凄いある。だけど、1mmでも今の理想を追い求めて人生を楽しむ事はできると思う。

f:id:t224yamamoto:20180411233953j:image