底辺の底辺による底辺のための日記

ブラックだった広告代理店を6年勤務後、フリーランスになる。「旅するノマドワーカー」を目指しWEBライターなどをしながら生計を立てる。従業員という働き方以外の生き方を目指して日々の奮闘日記を書いていきます。

スポンサーリンク
お名前.com

後輩に雑用を頼まれたワイ

 

4月も終わりに近づき、新入社員の方々も会社の雰囲気に少し慣れてきた頃合いではないでしょうか。

 

僕は入社して6年目になりますが、会社が求人をしてこなかった為、今まで後輩ができた事がずっとありませんでした。

 

そして、今年。

ついに、念願の新入社員2名の入社が決まり、先輩として頑張らないとなと思っておりました。(その時は)

 

 

先輩ライフがいよいよスタートしたわけですが、指導という指導は未だにできておりません。

 

入社した2名とも非常に大人しい性格で声も小さい。性格を変えろ!とまでは指導できないので、彼らのペースで頑張って欲しいとは思っているのですが、来客対応も電話対応もお願いしてもやらない。来客も無視、たまに電話は出てくれますが嫌々出てボソボソと喋る様子。

 

これは困ったもので、俺の新人の頃は!って昔の自分を出して教えようと思ったのですが、人はそれぞれ違いますし。

 

彼らなりのやり方で対応できるようにしてもらわないとって、あまり言い過ぎる事もなく。

 

見守っている状況にあります。

まぁ、もうすぐ辞めようと思ってるので正直言うと後輩の成長はどうでもいいんですけどね。(本音)

 

 

 

そんな何もしない状況の新入社員ですが、

僕もそうでしたが、新入社員の頃ってほぼ仕事なくて暇だった記憶があります。率先して雑用をもらう事が存在価値だったんですね。その気持ちで働いていたので、快く雑用を引き受ける事を心掛けておりました。

 

ただ、どうしても嫌な事からなるべく逃げようとする2人をみて考え方が違うんだなと残念に思います。

 

なぜこんな辞めようと思ってる自分が、今の新入社員について書こうと思ったのには理由があります。

 

 

タイトルにもありますが、

まさかの新入社員に雑用をお願いされる出来事があったからです。

 

一応、6年営業マンをしており。

営業部員が4名辞めた事で仕事量も倍増しておりました。

 

急いで客先に向かう為、準備をして掲示板に行き先を記入していると横から視線を感じます。

書き終わり、横を見ると新入社員Aさんが。

 

「明日、役員会があるので弁当運びお願いします。」

 

え?

それを言う、新入社員A、

その奥で身を潜めて関係なさそうな新入社員B

 

ビックリして、

「あっ、よろしくお願いします。」

って答えてしまいましたが、

 

弁当運びお願いします。って、

君が言うか?って思いながら会社を出ました。

 

本当に自分ではどうにかならないのであれば、

「すみませんが、ご協力お願いできませんか?」とか、言い方があると思うけどなー。っと。

 

器小さいのかなーって

自己嫌悪に陥るザマです。

 

言葉遣いを早く学んで頂きたいですし、

それを教えるのも先輩や上司の仕事ですね。

 

言わないにしても、間違った言葉を使うと。相手は内心イラっとしてるかもしれません。

自分も気をつけようと思いました。

スポンサーリンク