底辺の底辺による底辺のための日記

ブラックだった広告代理店を6年勤務後、フリーランスになる。「旅するノマドワーカー」を目指しWEBライターなどをしながら生計を立てる。従業員という働き方以外の生き方を目指して日々の奮闘日記を書いていきます。

スポンサーリンク
お名前.com

1日1食主義に生まれ変わった男

 

健康であることって、本当に大切な事です。

何か新しい事を創造し生み出していくには、健康は欠かせません。楽しい旅行をしたり、家族の為に働いたりできるのは健康があるから今できる事なんですね。

 

それを思うきっかけになったのは、

前回と前々回の記事にも書いておりますが、「急性胃腸炎」になったからです。

 

刹那主義が悪い方向に働きすぎると、今楽しければいい。酒を大量に飲んでぶっ飛んで楽しもう!!って数時間後の自分を想像する事ができない訳ですね。

 

急性胃腸炎になってから、今日で4日目になりますが、暴飲暴食によって傷ついた僕の胃腸は僕を簡単には許してくれず。

4日連続の下痢に苦しまされております。

 

 

トイレットペーパー6ロール分ほど使用しており、敏感な所を拭きすぎて涙がでます。

夜中も2〜3時間毎に腹痛で目が覚めてしまう為に、夜熟睡することもできず会社に出社して、お客さんとのアポイントに向かっておりますが、その時に下痢に襲われる悲劇が待ってます。

 

その恐怖感からか、

今日は目が覚めてから何も食べる事ができませんでした。食べたらすぐに腹痛が襲ってくるのではないか?と思うと食欲は消えていきました。

 

気づいたら24時間、何も食べておりませんでした。でも、不思議な事に頭がスッキリしているんですね。本来お昼ご飯食べると、脳にあった血が消化する為に内蔵に集まって脳が眠さを訴えると言われてますが、内蔵がずっと休んでるお陰で午後がめちゃ仕事捗るんですね。

 

でも、血糖値の事を考えるとナッツとか食べるといいらしいですね。

 

人って、食事してからそれを消化しきるまでに18時間かかるって言われてますね。つまり、1日3食食ってると365日内蔵は休めないわけですね。1日1食にする事で、6時間くらい内蔵休ませてやる事ができるんですよ。

 

 

ブラック企業ではなく、ブラック人間になってないでしょうか?働く内蔵達を酷使させて、長時間労働させていないでしょうか。

 

ブラック企業はどんどん人を変えていけたとしても、内蔵は簡単に交換できるものではありません。自分の体を何よりも今後も大切にしていきたいと思いますね。

スポンサーリンク