底辺の底辺による底辺のための日記

底辺が脱サラをする為、四苦八苦する男の何気ない1日を書き綴っていきます。

荒野荒野は危険だ!依存症の君へ。

スポンサーリンク

f:id:t224yamamoto:20180510224907j:image

荒野行動とは

僕は暇があると荒野行動というゲームをやっている。このゲームをざっくりと説明すると無料携帯アプリで、100人で島に降りて銃を拾ってオンライン上の敵を倒して最後まで生き延びるというゲームだ。

 

僕は結構な確率で即死する。笑

即死すると、またホームに戻りまたゲームを開始する。またこのゲームの面白さは敵を倒した時の開放感だ。敵と真正面から出会ってしまい撃ち勝った時、相手が隠れているのを先に見つけて撃ち倒した時、チームプレイで仲間と上手く助け合いながら1位になれた時などなど、結構楽しくてハマってしまう。

 

一時期は、仕事が終わって帰ると飯をそっちのけで荒野行動をやる日々を続けていた。

 

無料でこれだけ楽しまれて、ストレス発散ができるのであればとても有意義な時間だと思う。

 

また、荒野行動で最後まで残ると20〜30分くらい時間が必要になる。結構何度もプレイしているとあっという間に2時間くらい経っていたなんて事もある。

 

今回はその荒野行動依存症の危険を考えてみた。しっかり1時間と決めてゲームをできる人なら問題はない。

 

私も寝ないと仕事に影響してしまうし、仕事に行かなければいけないのでゲームばかりしてはいられないというのはあるが、もし仮に時間がたっぷりある学生がこの荒野行動にひたすら時間を使っているのであれば注意したいと思っている。

 

依存症の君へ

学生で時間がある時は荒野行動で時間潰してます!!っというそこの君へ。

 

たしかに、面白いのは分かる。

がしかし、荒野行動の世界でレベルが上がり装いをカッコよくできたとして、現実世界では時間が止まってしまっている事を忘れてしまってはいけない。

 

パンツ一丁で布団にくるまりながら寝癖ついたまま荒野行動やってないだろか??

それは、私だ!笑)

 

現実世界の自分はレベル1も経験値も上がっていないのである。

 

君が荒野行動をやって

「わ〜い、10キルしたンゴ〜」っと言っている間に他の友達は何をしていると思う?

本を読んでいるかもしれない。

合コンの計画をしてコミュニケーション能力を磨いていたり、自転車で色々な景色みたりする旅に出かけているかもしれない。

 

彼等は現実世界のレベルを上げている事を忘れてはいけない。荒野行動はストレス発散にもなるし、楽しいが現実世界が止まってしまう。という事を頭の片隅にいれてもらいながら楽しみたいと私も思っている。

 

私は、

一時期はアプリを消そうと思っていたが、

やっちゃうんだよな〜これが!!依存症)

スポンサーリンク