底辺の底辺による底辺のための日記

ブラックだった広告代理店を6年勤務後、フリーランスになる。「旅するノマドワーカー」を目指しWEBライターなどをしながら生計を立てる。従業員という働き方以外の生き方を目指して日々の奮闘日記を書いていきます。

スポンサーリンク
お名前.com

多忙な営業マンは、寝る時も時計つける。

f:id:t224yamamoto:20180527215734j:image

 

朝、目が覚めるとやけにスッキリしてて

その直後に「ハッ!」とする。

 

まず腕時計をみる。

 

あぁ・・・そうだよな。休みじゃないよな。

今日で7連勤目か。

 

急いで会社に向かう準備を進める。

 

昨日も気を失うように眠っていたみたい。

 

19連勤中の7連勤が終わったが、

19連勤はまぁ~。一般の人よりかは、働いているのかもしれない。

 

話は変わるが、

忙しいとは、

「心を亡くす」と書く。

 

自分の時間がなく、

ロボットみたいに1日が終わる日々をおくる自分は「忙しい人」と言えるかもしれない。

 

f:id:t224yamamoto:20180527215745j:image

先日の記事でかいた通り、

GUで買えるジャージ素材のスーツに、

アマゾンで購入したテクシーリュクス、そして、やる気のないニットタイで会社に向かう。

 

仕事に行くのに必死。。。

少しだけでも、コスパよくラクをしたいと思うわけ。

 

 

 ↓ニットタイについて気になる人はこちらの記事をどうぞ。

www.t224yamamoto.com

 

 

そんな「忙しい僕」は、最近眠る時も腕時計をつけるようになった。

 

きっかけは、先ほど書いた通り、

気を失うように眠ってしまったのがきっかけだった。

 

ありがちだが、

携帯でYouTubeとか見てたりしてそのまま意識が遠のいていく。

 

そして、朝「ハッ!」としながら、腕時計を見るっというのが習慣化してきてからは、腕時計を寝るときにもつけるようになった。

 

それに僕は目が悪い0.01以下の視力なワケであり、寝ているとメガネが吹き飛んでいる事がある。

 

朝は真っ先に時間を確認したいという気持ちがある。

 

外すのは、風呂にはいるときくらいで、

風呂に入るときは腕周りもしっかり洗いたいので外すが、

風呂から出るとまた装着する。装着する前に時計は水洗いする。

 

この前、ビジネス用にチープカシオ買ってデザインを気に入っていたが防水性能が微弱ということもありG-SHOCKに変えることにした。

 

デカすぎる時計は日常に不便という記事はこちら

www.t224yamamoto.com

 

時間は人生だ。

 

僕たちの大半は時間を売る事で金を稼いでいる。

時間とは人生そのものであり、働いてる時間も寿命は刻一刻と削られていっている。

 

だから、時計をつけて意識しろ!!というワケじゃなくて、どちからというと効率よく動きたい。

 

って思いが強い。

朝、時間確認しないとって思った時にメガネをつけて時計を見るより、腕をパッと見た方が30秒程早く確認することができるし。夜に目が覚めた時もすぐに確認ができる。

 

つけ続けていると自然と慣れてきて、腕に重みがないと不安になるようになる。笑

 

時計は少し緩めにつけて、

指が一本入るくらいにしておけば汗で張り付いたりって事も防ぐ事ができる。

 

f:id:t224yamamoto:20180527215944j:image

今日も時計をつけて眠りにつこうと思う。

スポンサーリンク