底辺の底辺による底辺のための日記

底辺が脱サラをする為、四苦八苦する男の何気ない1日を書き綴っていきます。

最近の社畜は賢いこと忘れてた。

f:id:t224yamamoto:20180601134921j:image

最近の若手社畜は賢いと思っております。最近の若手は消費欲がないとニュースで騒ぎたてているように、それは最近の若手が将来を見据えている証拠ではないでしょうか。

 

大体、40代以上の社畜は諦めかけており、どの年代でも一部の人は副業などしているかもしれませんが、まぁ会社がある限りなんとか残りをしがみついていこう!って思いながら生きているように私からは見えます。

 

そして、社畜という言葉当たり前になったように社畜とは会社の奴隷的な意味で使用されますが。その状況を打破しないといけないと考える若手が多数いてもおかしくないのです。

 

ブログのアフィリエイトで収入を貰えるようにと志す者もいれば、YouTubeであったり、クラウドソーシングであったり、株など、本業+αで動きだしている人がほとんどです。

 

むしろ、こんな日本の状況の中。

何も考えずにサラリーマンやってる方が珍しい!と思った方がいいです。

 

その中から、また副業業界でも勝ち上がって行かなくてはいけません。勝ち上がらない限り、ずっと本業の社畜をしていないといけないからです。

 

っと!

 

言った説明はもうみんな充分に理解している上で更に上をいくコンテンツを用意しないといけないわけですね。

 

僕はずっとそこを勘違いしておりまして。

 

会社は奴隷ですから副業始めましょう!って記事を書くのではなく。もうそれを読む人の多数は何かしら副業に挑戦している人ばかりだと思います。そもそも、副業を考えない人達はこの記事にすら到達しておらず、毎日消費だけするラットレースの中にいる事すら気付いていないのです。

 

本当に価値のある記事を書きたいと思うのなら、社畜は危険だから、副業をしましょう!って呼びかけに止まらず。副業で成功できるケースであったり。それが無理なら、副業を頑張る人のサポートとなる記事(例えば、時間の効率化)など、を提案していく必要があると思っております。

 

と、最近思った事でした。

今自分がやっている事を書いてては遅く、そんな事はもうみんな知ってて当たり前!動いてて当たり前!の中、何を書いていくのかを意識する。