底辺の底辺による底辺のための日記

ブラックだった広告代理店を6年勤務後、フリーランスになる。「旅するノマドワーカー」を目指しWEBライターなどをしながら生計を立てる。従業員という働き方以外の生き方を目指して日々の奮闘日記を書いていきます。

スポンサーリンク
お名前.com

錬成費(1万円)をもらった使い道

f:id:t224yamamoto:20180809234503j:image

19連勤があったり、もちろん残業代はなかったりしてブラックだ!ブラックだ!と毎回記事に書いているが、毎年お盆前になると(お盆はあってないような物)

 

会社から「錬成費」という項目で「1万円」が現金支給される。

 

それを配る時の社長の表情はいつもドヤ顔だ。

俺良い社長だろ?って感じをプンプン臭わせている。

 

そして、有難いお言葉が社員に言い伝えられる。「このお金は錬成費とあるだけに、己の自己投資!!自分の成長の為に使ってください。」

 

「うるせぇ、昨年も聞いたよ。」と心の中で呟きながら、封筒をそっと鞄にしまった。

 

そして、僕はその日の仕事を終わらせて鞄からその封筒を握りしめた。

 

ずっと〜、、、行きたかった風俗店があった。

ちょっと街から外れたひっそりとした風俗店だ。

 

事前にネットで調べたら、期間限定で1.5万円の所、40分1万円で楽しめると書いてあった。

 

仕事が終わった直後まっさきに僕はそのお店に行った。ほかの風俗店と違い、ゆったりと座れる個室のソファが待合室にある。

やはりここの風俗は狙い目だったか。自分の感が正しかった事を確信に変えた瞬間だった。

 

そして、案の定僕は賢者モードになり「彼女一生いらねぇ」って思いながらお店でる。

 

今年も良い自己投資ができた気がした。

スポンサーリンク