底辺の底辺による底辺のための日記

ブラックだった広告代理店を6年勤務後、フリーランスになる。「旅するノマドワーカー」を目指しWEBライターなどをしながら生計を立てる。従業員という働き方以外の生き方を目指して日々の奮闘日記を書いていきます。

スポンサーリンク
お名前.com

母から無職になる僕へ

f:id:t224yamamoto:20181202171828j:image

仕事を辞めたから幸せとは限らない。

先日の記事にも書いているが、いよいよ僕は会社を辞めるまで4週間を切った。

 

www.t224yamamoto.com

 

まだめっちゃ大変な引き継ぎ業務があるから、気は緩められない。でも、何かが僕の人生を変えてくれるのではないかっというちょっとした期待があった。

 

そして、今日は土日休みという事もあったので何かをしようと思った。

 

「あれ、特にやることないなwww」

 

仕事を辞めて自由な時間を得たとしても、幸せになれるかどうかは。その時間を使う人次第であるという事を感じた今日だった。

 

f:id:t224yamamoto:20181202172018j:image

友達とちょっとしたサイクリングに。

う~ん。ドラマの主人公気どりになってカメラをもって外に出発したんですが平凡な写真しか撮れない。携帯でもこのくらいの写真撮れるような気がしてきた。

 

まぁ気分の問題かもしれない。

 

f:id:t224yamamoto:20181202172130j:image

う~ん、撮っただけじゃダメで。なんか編集して彩度とか触らないとなんかパっとしない。サラリーマンの時にカメラ買ったけど全然使用するタイミングなかったから、今後はカメラも少し研究していこうとやる事が一つ決まった。

 

f:id:t224yamamoto:20181202172214j:image

母から無職になる僕へ

会社を辞める時に、母に相談しようか迷ったが。絶対に反対されるのは分かっていたので会社に辞める事を伝えた後に母には無職になる事を伝えた。

 

そういえば別に、大学に入る時も、就職先を決める時も、母は何も言わず納得してくれていて自由にやらせてくれていた。

 

会社を辞める事を伝えたら「あんたどうやって食べていくの?」っと心配されたが、まぁ、自分の結果で示していくしか納得はしてくれない。世の中結果がすべてだという事は僕も営業をやっていたから十分理解している。

 

そして、パソコンの台を今日は購入してきました。今座っている座椅子からパソコンまでの距離が遠かったので、引き出し式の台を置いた事でパソコンのタイピングが楽になった。

 

母がそれを見て「できない奴ほど、そういうの買いやがる」

と、ボソッと言い放ち立ち去っていった。

 

僕は結果を早く出してやろう!と心に決めた1日だった。

スポンサーリンク