底辺の底辺による底辺のための日記

ブラックだった広告代理店を6年勤務後、フリーランスになる。「旅するノマドワーカー」を目指しWEBライターなどをしながら生計を立てる。従業員という働き方以外の生き方を目指して日々の奮闘日記を書いていきます。

スポンサーリンク
お名前.com

常識に縛られた人達

f:id:t224yamamoto:20181203204700j:image

 んっ!????

エレベーターに乗ったら真ん中にビッグサイズの麒麟一番搾りの瓶が!!

今日も底辺党代表のにょろにゃんが記事をお届けしていきたいと思います。

それでは腰を据えて。

f:id:t224yamamoto:20181124205234j:plain

どっこらセっ〇す!!

 

今日は「常識」をテーマに記事を書いていきたいと思います。

 

とりあえず今日も頑張ったよ!って話から

6年間営業していた僕ですが、出社したら適当な時間に出発して外をふらふらしておりました。退職まで残り4週間ほどとなり、引き継ぎの予定がない限り外出がしづらくなってしまったので今日はずっと社内におりました。

 

いつも外にフラフラとでかけていたのに、ずっと8時間も社内にいるのってめっちゃ肩が凝るし。内勤の人も大変なんだって勉強になりました。(笑)

 

会社にて、アポ電をひたすら!!

引き継ぎ用の資料を作ったり、アポ電をするしかやる事がなくなってしまったわけですが。4週間で終わらせられるのかなというくらいクライアントを抱え込んで仕事をしておりました。70社ほどの企業に電話してアポイント調整しないといけません。

 

そして、ひたすら「担当が変わる事になりまして、ご挨拶に伺いたいのでお時間いただけないかと思いまして~」って電話すると100%「次決まったの?」という返答が来ます。

 

100%が聞いてきました。

「え?しないとダメなの?・・・・・・」

「え?なんで転職が当たり前みたいに言うのだろう・・・」

僕は無性にこの世の中が気持ち悪いと感じるようになってしまいました。

 

辞める理由が「働きたくないから、辞めてフラフラする」でもいいと思います。でも、それを言ってしまったらダメな雰囲気があります。なにか理由をつけて「親戚の家の店が人手不足なのでそちらで働く」とか「昔から〇〇の職業に就きたくて夢を諦めたくない」とか向上心をもって辞めなければいけない。

 

なぜこの人達は常識に縛られているの??

 

社畜であることに気が付かない人たち

常識に縛られすぎてしまって、社畜脳になってしまいると僕は感じます。

社畜が会社を辞める場合は他の社畜にならないといけない。他の会社で給料をもらわなければならない。社畜しか生きていく道はない。

 

社畜を長くやりすぎる事によって、社畜が一番ラクでいいよね!

社畜が一番いい商売だよ!だって、会社に行くだけで給料もらえるんだもん!って

言いながら、平日5日間毎日12時間くらい労働して老いていきます。

 

気が付くと、社畜であること以外の選択肢なんてまったく思いつかない。

社畜じゃなくなったら人生終わりと彼らは思っているので「次が決まっていない!」っと言うと、すごく嬉しそうに「やばいじゃん!なんで決めてから辞めないの!」って説教をかましてくるおっさんもいます。

 

「サラリーマンって奴隷なのに良く我慢できんな?」

ってサラリーマンの人に言えるはずがない。

本当に会社を辞める理由は「サラリーマンが嫌だから」なんですけど、サラリーマンをやっている社畜脳の人達に「サラリーマン嫌だから」なんて言ったら「じゃ~どうやって生きていくの?」っと聞いてくると思うんですけど、答えた所で「そんなのダメだよ!」って絶対言ってくるのが目に見えております。

 

サラリーマンで人生を終えたとして、

それって自分の人生を生きたと言えるのでしょうかね?

 

例外で!大手企業に勤める方なんかだと、海外出張とかでアメリカに数年言ったりと大変だしスキルもいる反面、海外を満喫させてもらえる機会があったりするからいいと思います。

そのような努力をして向上心の高い人は、会社に利用されるのはなく会社を利用してやろうと思っている人もいます。

 

なんにせよ、その仕事や会社で楽しいなら僕は良いと思いますが、もしも「我慢」をしているのであれば速攻辞めた方が良いと思いますね。

 

生きていく道って、社畜だけじゃないと思うし。

我慢しつづけると我慢を強要するようになりますから!

 

www.t224yamamoto.com

 

じゃあ~おやすみなさい!!!

 

スポンサーリンク