底辺の底辺による底辺のための日記

ブラックだった広告代理店を6年勤務後、フリーランスになる。「旅するノマドワーカー」を目指しWEBライターなどをしながら生計を立てる。従業員という働き方以外の生き方を目指して日々の奮闘日記を書いていきます。

スポンサーリンク

無職が街コンに参加してきた。

f:id:t224yamamoto:20181223005556j:image

どうも、底辺党代表のにょろにゃんです。

友人に誘われて今日は街コンに行ってきました。

 

クリスマスも近いですし。それにしても男性料金は女性の3倍の価格設定で無職が参加している場合じゃないのではと思いながらもいってきました。

 

夜19時スタートという事もあり、午前中は軽く山にでかけました。

街コンの様子は後半の方で!!

f:id:t224yamamoto:20181223005634j:image

あいにくの雨でした。

 

f:id:t224yamamoto:20181223005724j:image

街中から離れて自然に身を置くと本当に楽しくて癒されます。

先日ゴアテックスのトレッキングシューズを購入したので雨でも大丈夫です。

 

f:id:t224yamamoto:20181223005802j:image

岩がゴロゴロしてます。迫力がある。

 

f:id:t224yamamoto:20181223005825j:image

な~んか街コン行くの面倒になってきてしまうくらい山が楽しいです。

もっともっと山やロードバイクとか知らない世界をどんどん探求したくなってきます。

 

f:id:t224yamamoto:20181223005844j:image

何回味わっても、山で食うカップヌードルがうまい!!

カップヌードルの余った汁に鮭のおにぎりを投入するのがたまらないんです。

 

寒い山で食うから、温かい汁が身に染みる。

 

f:id:t224yamamoto:20181223005858j:image

さて、山での昼飯を済ませ。友人と街コンに向かいます。

このたくましい友人の背中!!もう彼は戦闘態勢に入っていると感じました。

 

街コン会場にいくとプロフィールカードを書くように言われました。

 

もちろん、職業欄があり。

わざわざ年収まで書く欄があります。

 

職業欄に「無職」と私は記入しました。

まだあと数日は「会社員」なので、会社員と書いてもよかったんですけど「無職」

に対する女性の素直な反応を知りたいと思いました。

 

対面で座るも、やはり女性は「住所・仕事」などを念入りに調査してる事が分かりました。「え!?無職なんですか!?」ってまず突っ込みが入りますし、非常に冷たい目を送られているように感じます。相手の懐に入る事を得意に広告会社で6年間営業をやっていた経験もあり、相手の目の動きや対応や心が少しだけ読むのに自信があります。

 

「次は決まっているんですか!?」っと聞いてくる女性もいましたが、「いいえ」とだけ答えました。大人な女性には「ま~今は、すぐに決まりますよね!?」って聞いてくる女性もいました。

 

女性・男性に関わらずだと思いますが「なぜ会社員である事が当たり前でないといけないのだろうか」っと僕は思いました。まるで「会社員」である事が普通で「会社員」でないと人生が終わっているような態度のような気がします。

 

それか自分が気にしすぎているだけなのだろうか。

以前、お話した女性にも「会社辞めたら絶対に嫌だ」っと言っておられた方もいます。

 

でも、それもそのはずです。

大多数の人は会社員として働いています。つまり、無職やフリーランスとかは少数派の人間なのです。少数派の人間に対して人間というのは不信感を抱いたりするものなのかもしれません。

 

だからこそ、少数派でいる必要があると思います。

8割の人が会社員賛成!!と言う今だからこそ、少数派のフリーランスになるとか。

8割の人がフリーランス賛成!!と言い始めたら、無職になるとか。

8割の人が無職賛成!!と言い始めたら、公務員になるとか。起業するとか。

 

常に残り2割の少数派にいたいと思っています。

なんとなく、みんなと同じ事やっているよりそっちの方が面白いと思いまして。

スポンサーリンク