底辺の底辺による底辺のための日記

ブラックだった広告代理店を6年勤務後、フリーランスになる。「旅するノマドワーカー」を目指しWEBライターなどをしながら生計を立てる。従業員という働き方以外の生き方を目指して日々の奮闘日記を書いていきます。

スポンサーリンク

無職一日目にした事

f:id:t224yamamoto:20181223005634j:plain

仕事納め

昨日、12月28日に会社は仕事納めであるとともに、自分の退職日だった。6年ほど勤めた会社であったが今振り返るとあっという間だった。最終日、上司や社長に「頑張れ」っと言ってもらえてよかった。かなり辞める事に反対されていたから最後は応援の言葉をもらえて新規一転頑張ろうと改めて思う。後悔だけはしたくない。

 

まぁ「頑張れ」と言われたが、内心は「あなたたちの方が、かなり頑張ってください」と思っていた。自分も結構仕事量を抱えていた事もあり、かなり迷惑をかけてしまった思っているので申し訳ないから。

 

無職の実感なし!!

それもそのはず、無職になったとはいえ年末年始でみんな休みだ。だから、まだ自分も年末年始休暇をとっている感覚にしかなっていない。おそらく、1月4日~1月7日あたりでまわりが仕事嫌だ!と悲鳴が聞こえ始めたあたりから、「あ、自分無職だった」っとふつふつと実感が湧いてくるのだと思う。

 

とりえあえず、国民健康保険とか国民年金とか、失業保険の申請とか。自分にとって最初の仕事をしようと思っている。仕事なのか?笑

 

とりあえず髪の毛染めてみた。

f:id:t224yamamoto:20181229215733j:image

ニキビをポリポリしていたら、唇の横が殴られたような跡ができてしまった。そして、髪を染めてみたけど、全然似合わなくて友達に笑われてしまった。画面の前のあなたは内心「どうでもいい」と思っているに違いない。まぁそんなもんだ髪の色なんて。

 

とりあえず、似合う似合わないは置いておいて、髪を染めるという行為は自分にとっては無職にとっての特権のように思っていたので勿体ない精神で髪を染めてしまったのだ。また髪が伸びてきたら、黒に戻そうと思う。

 

部屋の大掃除

燃えるゴミ袋2袋と、燃えないゴミ2袋、粗大ゴミが1袋、どれだけ自分がゴミ屋敷にいたのか痛感した。

 

いつも社畜だったころ、仕事が終わってゴミなんてどうでも良くて布団でゴロゴロする事しか頭になかった。年末年始もせっかくの連休なのになんで掃除しないといけないんだ!としっかり掃除することがなかった。

 

無職になり時間に余裕が生まれると、掃除をして長くいる事になる自分の部屋の空間をキレイにしようと自然と思ってくる。

 

今後の動きについて

とりあえず、体の状態を良くする。歯医者に通ったり、自転車で名古屋から大阪を2月に計画している。肺活量の回復とビール腹を削ったりしなくてはいけない。それにしても寒い。寒さとの勝負になりそうだ。

 

仕事??

 

仕事はどうしようか。WEBライターをやりながらこうしてブログを更新する事しか今は思いつかない。再就職するにしてもデザインとか作れるようになりたいと思っていて、前みたいに営業職以外の経験をしてみたいと思っている。営業が嫌だというワケではないのですが、なんというか営業が向いてないのです。笑

 

また、近況はちょこちょこと書いていきたいと思います。

年末年始を存分に楽しみましょう!!

スポンサーリンク