底辺の底辺による底辺のための日記

ブラックだった広告代理店を6年勤務後、フリーランスになる。「旅するノマドワーカー」を目指しWEBライターなどをしながら生計を立てる。従業員という働き方以外の生き方を目指して日々の奮闘日記を書いていきます。

スポンサーリンク

【退職】メリット・デメリット まとめ

f:id:t224yamamoto:20190105211333j:image

3口食べたら、激辛すぎて・・・

f:id:t224yamamoto:20190105211400j:image

ギブアップ!!

 

底辺党代表のにょろにゃんです。

元旦にインフルエンザを発症してから6日が経ち大分体調も良くなってきました。

 

周りの友人達は7日から仕事始めの会社が多いようですね。

「仕事行きたくない~」「明日何時に出社しよう」

 

まぁ~こんな声が聞こえてきますが、フリーランスになった自分には、全然休みと仕事日の差というものが感じられておらず。まだ頭の中がプアプアしており切り替えないとと焦っております。。。(焦る必要もありませんが)

 

時間がありますので、仕事始めのこのタイミングに会社を辞めたメリットとデメリットを書いていこうと思います。辞めた直後の自分だから書ける事があるのかもしれません。

 

辞めたメリット

・時間が自由

7日から「仕事始め」という縛りがないのはもちろんですが、定時というものがありませんので自分の好きな時間まで眠っていられますし、午前中はスポーツをする時間と決める事もできます。1日をどのように過ごすのか僕次第です。でも、予定をたてないとひたすら眠ってしまったりするのでスケジュールで1日最低やる事は決めて手帳に書いておくようにしております。

 

・人間関係の自由

上から目線のおじさん(上司)とか、生意気な小僧(部下)とか憎たらしいおっさん(業者・客)すべてにおいて自由です。誰かに指図されるとか特にないです。親がいれば親から「ご飯はどうする」とか聞かれるレベルの開放感を得る事ができます。あんなに嫌いだった上司も、会社を辞めてしまえば満員電車に乗ってるサラリーマンおっさんの一人です。

 

・仕事の自由

お客さんの為にはならないと分かっていても売らないといけない会社の売り物とか、全然乗り気になれない業界に対しての企画会議など、やりたくない仕事や無駄な会議。会社って意外と無駄な事ばかりやってたりします。やればやっただけ見返りがあるワケでもなく給料は定額のままに猛烈に仕事を会社から与えられます。今はやりたい事、やりたくない事は置いておいたとしても好きな時に欲しい分だけ仕事を選んでやることにしてます。

 

・見た目の自由

通勤ラッシュの時に、眠たそうで疲れ切ってクタクタになったサラリーマンを6年間見続けてきました。みんな髪の毛は短くで黒色でスーツを着て個性を押し殺して鏡に映る自分もそのロボットの1台でした。なんかその風景に吐き気を覚えてしまいました。なので、辞めた今は金髪にとりあえずしました。笑。ユーチューバーになったの?って馬鹿にする口調で言われますが、それでも個性を出していきたいと思っております。スーツはもう着たくありません・・・

 

・ストレスが少ない。

時間も人間関係も仕事も見た目も自由に生活しているとほとんどストレスがありません。前に勤めていたブラック企業の上司や仕事で納期に間に合わないという焦りとかを思い出してストレスを感じる事はありますが、ストレスは9割は消えたと言えます。

 

・月曜日が楽しみになる。

めちゃくちゃ僕は月曜日が嫌いでした。週に2日しか休みがないなんて頭おかしいだろ!ってずっと言ってました。日曜日の夜になると鬱状態になって眠るのが本当に嫌でした。今は土日は友人と遊んで、月曜日は自分一人の時間が作れますので、買い物いしようか、自転車で出かけようか、仕事を処理しようか、ルンルンで月曜日を迎える事ができております。

 

・お金がかからない。

仕事行く前にしっかりご飯を食べて、昼は外食して、営業だったので飲み物をペットボトル1日3本くらい飲んでました。移動中に喫茶店で休憩したり、夜はストレス発散で飲みに行ったり、意外と仕事中に使うお金って多かったんですよね。夜ご飯は抜きで1日1500円~2000円くらいは使うかな~。それが、薬局で買ってきた2Lのお茶と朝昼兼用のご飯500円くらいで多分1日1000円も使う事はないですね。

 

辞めたデメリット

・世間体が悪い。

周りの近所さんからしたら、無職になった金髪の少年と思われております。女性に定職に就いていないと言うと不安に思うのではないでしょうか。そんな周り気にするくらいなら辞められておりませんし、気にしながら生きるのは嫌だと思って会社を辞めました。女性にしても応援してくれる子もいますから、デメリットではありますが自分次第と言える問題です。

 

・安定的な収入はない。

お金。これ原因で会社を辞められないという人は多いと思います。インフルエンザで寝込んでいた場合、その日は0円です。サラリーマンの場合は、有給とか使って休みを取れば、先月と変わらない給料を得る事ができます。また同じルーティンの仕事をしていれば良いというワケでもなく。毎回違うお題の仕事や、クライアントに非承認と言われてしまう場合もあり、お金は全然安定しないかもしれませんが、訓練とコツだと思います。ダメなら違う方法を試すを繰り返していけば自分でお金を稼ぐ能力が備わってくるので良いではないでしょうか。

 

・漠然とした不安

労働者の8割の人が雇われだと思っています。残りの2割くらいの少数派を選択して生きているという事になりますが、少数派だと不安も付き物です。

 

まとめ

あくまで個人的に思うメリット・デメリットを書いてみました。メリットとデメリットを比較した場合、僕の場合は安定的なお金を捨てたとしても、時間や人間関係などの自由を得たいと感じました。サラリーマンだとしても、すごくホワイト企業で時間も苦にならず人間関係も良好で安定的な給料を得る事ができて土日など決められた休みで満足だ。という方はそのままの企業勤めが良いと思っております。あくまでブラック企業でしか働いたことがない僕が退職後のメリットデメリットを書いてみました。同じ境遇にいる方がいたら天秤にかけてみたらどうでしょうか。

 

スポンサーリンク