底辺の底辺による底辺のための日記

ブラックだった広告代理店を6年勤務後、フリーランスになる。「旅するノマドワーカー」を目指しWEBライターなどをしながら生計を立てる。従業員という働き方以外の生き方を目指して日々の奮闘日記を書いていきます。

スポンサーリンク

狂った生活リズムを整える。

f:id:t224yamamoto:20190110141758j:plain

おはようございます。底辺党代表のにょろにゃんです。

20時間ほど起きておりそろそろ眠くなってきました。

 

そもそも何故20時間も起きているか?と言いますとタイトルにある通り体内時計のリズムが狂っており、その調整をする為に今日は眠くても寝ない日としております。

 

昨日は昼過ぎまで眠ってしまった為、夜は全く眠くなりませんでした。一時の惰性が体内時計を狂わせる事になってしまいます。くわー!!

 

正直、2日で12時間眠れば良い。

今は20時間起きてますので、少し頭痛と眠気の中ブログの記事を書いておりますが、まだまだ文章も書けますし、怠い気分ですが、あれ?なんか文章がまとまらない。(笑)

 

少しボーとしてはブログを書き、ボーとしてはブログを書く。

 

でも、そんなめちゃくちゃ眠いワケではありません。正直2日で12時間眠れば良いかなとさえ思っておりますが脳の作業力低下は確実にあると思います。1日しっかり8時間睡眠を規則正しくするのが一番良いかと思いますが夜になると無性にツイッターにて格言っぽい事(悟りモード)を書きたくなったり、Youtubeを見続けしまったり、として眠るリズムを崩してしまいがちです。

 

リズムが狂うデメリット

リズムが狂ってくると、朝日とともに眠気に襲われる事になります。そして、目を覚ますともう暗くなっており、1日が台無しになります。明るい時間に仕事をしたり、喫茶店に行ったり、運動したり活動的な1日を送る事ができません。すると、夜から深夜にかけてひたすら引きこもりをする事になりますので憂鬱感に襲われる事になります。

 

別に夜に起きて朝方眠るという生活でも構わない。という方もいるかもしれませんが、友人から昼に遊ぶ約束などが入った場合、猛烈な眠気と体調の悪さに「規則正しく生活すればよかった」と後悔する事になります。

 

結局、せっかくの人からのお誘いも楽しい時間にする事ができず、日中を台無しにする可能性が高いと言えます。

 

リズムを狂わせない

生活リズムを狂わせないルールを厳守する。

 

・適度な運動

・寝る前の1時間前くらいから携帯を触らない。

・同じ時間に起きる。(目覚ましセット)←を死守する。一番難しい。

 

生活リズムを狂わせない大切な項目が上記の3か条だと思います。

 

朝起きるのだけは死守!!これが朝の気持ちの良いお布団との格闘になります。

寝すぎると眠れなくなるので、ちょっと眠いくらいで朝は体を起動させるのがベストだと思っておりますが、ちょっと眠いくらいに起きなくてはいけないというところが自己管理能力の見せ所ですね。

 

みなさんは、自己管理できてますでしょうか。

スポンサーリンク