底辺の底辺による底辺のための日記

ブラックだった広告代理店を6年勤務後、フリーランスになる。「旅するノマドワーカー」を目指しWEBライターなどをしながら生計を立てる。従業員という働き方以外の生き方を目指して日々の奮闘日記を書いていきます。

スポンサーリンク

会社を辞めても大丈夫!

f:id:t224yamamoto:20181007222117j:plain

底辺党代表のにょろにゃんです。

サラリーマンをしていた時に、週に5日働く事や仕事が終わらなければ土日祝日も働くのが当たり前と思って仕事をしておりました。自分よりも苦しい状況で働く友人や上司の話などを聞いたりしては「皆もあんなに頑張っているのだから、自分はまだマシな方だ」と自分を説得しながら生きていたように感じます。

 

そんな生活を送っている時に、働きづめの生活で自分は生きていると言えるのだろうかと疑問に思いました。「こんな生活、ただの奴隷じゃないか」と常識を疑いはじめたところから退職という決断をくだすことになりました。

 

「常識」とか「クソ」くらえ!↓↓

www.t224yamamoto.com

目次

 

なぜみんな苦しそうに働いてるのか?

なぜみんな苦しそうに働いているのか??それは毎日毎日、行きたくない会社に行かなくてはいけないからです。仕事が好きで会社に行っている人は別ですが、自分の好きな仕事に就いている人がどれだけいるのでしょうか。

 

では、なぜ行きたくない会社で週に5日間も拘束されて働かなければならないのか??それは、生活を維持していく為。将来の為。世間体の為。などでしょうか。

 

僕は社会人5年目で退職しておりますが、入社3年目あたりから「なぜ?学生の時は週2~3回のバイト代8万円あれば楽しく生活できて。今はその倍以上の収入を得ているのに生活が苦しいのか。」考え始めました。

 

見栄に金を使うバカでした。

入社1年目の時は地方の平均初任給の約21万円くらいの収入をもらっておりました。手取りだと17万円ほどでしょうか。学生時代の事を思うと2倍の収入になりました。すごく自分は稼いでるような気持ちになった覚えがあります。笑

 

でも、毎日働いても、土日出勤しても、ボーナスをもらっても生活が苦しいのは何故でしょうか。

 

・金ないのに一人暮らしを始めた。

・女性との交際費で恰好つける為に奢っていた。

・オーダースーツに7万使っていた。

・鞄や時計をころころ買い替えていた。

 

そんな生活をしていたら、毎月自転車操業の生活。

働いても働いても豊かにならないのは当たり前でした。

 

それからどしたの??

社会人3年目の頃、自分のお金の使い方を改めました。一度上げた生活水準を下げるのは退化しているようで苦しい気持ちになりました。

 

友人や当時いた彼女との楽しい思い出の詰まった一人暮らしを辞めて、情けないですが実家に帰る事で固定費を下げる事にしました。格好をつける為に買っていたスーツも、オーダースーツ(7万円)からGUの上下(7千円)のスーツに変更しました。結局、あれだけころころ変えていた鞄も使わなくなり、無印良品のビジネスバックを持つようになりました。身の丈よりも一つ下の生活を心がける事でお金を少しずつ貯める事ができるようになってきました。

 

周りの人で毎月苦しそうに働いている人がいますが、結構消費ばかりの生活をしております。車をローンで購入したり、都心で一人暮らしを始めて家賃でお金をもっていかれてたり、固定費を高くしてしまって自転車操業に追い込まれる事になります。

 

無駄遣いしてしまうサラリーマン時代

サラリーマンって気を付けてないと1日で結構お金を使っている事があります。

 

・外食(800円)・飲み物(150円2本)・タバコ(480円)・喫茶店(400円)・仕事終わりの一杯だけという酒(1000円~3000円)

 

1日約3,000円でしょうか。20日こんな生活を送ったとしたら、月6万円の費用をストレス発散に使用している事になります。それに土日祝日は「頑張った自分へのご褒美」を追加したら毎月いくらお金があっても足りません。

 

無職になった今は、貯金を切り崩しながら生活してますが。ストレスがないので全然お金使わないですね。あまり動かないので1日1食食べれば満足ですし、友人との飲み会とか行くぐらいで。多くて月5万円+国民健康保険や年金やらで月10~12万円もあれば自由に快適な日々を送ることができます。なにか今後欲しいものがあればその月だけネットの仕事頑張ればよいかなと思っております。

 

プライドなんてさっさと捨てる。

今置かれている状況や年齢や家族構成よっては、全然月10万円とかの金額では生活できない人もいるかもしれません。僕自身も友人に働けと笑われたり、女性に無職かよと対応されたりと色々ありますが。それでも自分の自由な時間が一番の優先事項だと思っております。

 

もしプライドを捨てる事によって自分の人生がより豊かに快適に変わるのであれば、一刻も早くそんなプライドなんてものは捨ててしまいましょう。その方がほんと身軽に生きていけると僕は推奨していきたいと思っております。

スポンサーリンク