底辺の底辺による底辺のための日記

ブラックだった広告代理店を6年勤務後、フリーランスになる。「旅するノマドワーカー」を目指しWEBライターなどをしながら生計を立てる。従業員という働き方以外の生き方を目指して日々の奮闘日記を書いていきます。

スポンサーリンク

【FX】崖っぷちの戦い・・・

f:id:t224yamamoto:20190201193512j:plain

はじめに

久しぶりに記事を更新する気がします。底辺党代表のにょろにゃんです。

ブログ更新作業をさぼり、1日12時間FXのトレード研究をしておりました。結構、没頭し始めると時間とか関係なくずっと調べてしまう方なので、この前の記事で「無職こそルーティン化が大切」とか書いておきながら、そんなことは無視して自分の答えが出るまでとことんFXと向き合ってました。

 

吐き気

自分のトレードルールの精度が悪かったので何度も負けました。負けると次こそ!と思いチャートと睨めっこします。なんども、なんども、次こそは確実な方法だと信じたやり方で試行錯誤をしてまた失敗、また失敗、気づくと精神的にかなり追い詰められており「こんなんじゃ、一生勝てないのでは・・・」と思い始めました。やっぱり、FX投資で生活していくなんて考えが甘かったのかもしれない。と何度も心が負けそうになりました。

 

FXをやっている時は常にイライラしており、友達から連絡があると本当に憂鬱な気分になるほどです。それだけ、僕はFXに全エネルギーを・・・人生をかけております。

 

知識と知識が合わさる

Aという方法でトレードして負けてしまい、次はBという方法でトレードして負けました。次にCという方法でトレードしましたがまた負けました。

 

ほぼ搭載されているオシレーターすべて試したのではないでしょうか。

 

もう八方塞がりとなり、身体的にも精神的にも疲れ果て、布団に入り携帯でチャートを眺めていました。すべてのテクニカル分析、オシレーターをはずしてシンプルな状態でチャートを眺めます。

 

「このタイミングでエントリーできたら良いのに」と思った時に、Aの時の方法とBの時の方法を合わせればいけるんじゃないか!!??と脳裏をよぎりました。

 

今まで色々な方法を模索して、各オシレーターの特徴を勉強した甲斐がありました。

 

希望の光

新しいDという方法が昨日完成しました。相場のトレンドも分かりやすく、トレンド相場だけではなくレンジ相場にも対応と予測が可能、勝率も高くなってきました。あとはこの方法で今週の残りと予備で来週に試験を繰り返してトータル利益がでた場合、僕の本番資金を投入していきたいと考えております。

 

恐らく、実際のトレードで繰り返していれば、また新しい困惑ポイントというのが見えてくると思います。Dという方法の精確性と弱点をもう少し把握する必要がありそうです。

 

マネーストレス

12時間チャートを見続け毎日負けているとほんとにメンタル的にやられます。テスト用資金で動く金額が少額だとしても僕の大切なお金です。それが、ドンドン減っていくのです。本番資金だと思うとゾッとしてしまいます。

 

勉強代金だと思っておりますが、本番資金でトレードした場合は1回1回のトレードにかなりストレスを感じると思います。今までは最低LOTでトレードしているので、負けても数十円とかで済んだのが数千円~数万円と減ったり増えたりするトレードになります。

 

そのため、1日の目標pipsと1日3時間と決めてトレードしていきます。

 

崖っぷちの戦い・・・

この勝負に負ければ、もう僕の貯金は1~2か月しか生活できないほど追い詰められる事になります。そうなれば、僕は急いで就職活動をせざるを得ません。

 

そして、ある程度戦えるお金をまた貯金する事を考えると成功への道は更に遠のくの明らかです。

 

日ごろから、友人達にも勝ててないと言うと「FXなんてやるからだ、バカヤロー」「FXよりもパチンコやろうぜ」とか「FXなんてギャンブルだ」といつも言われていますが、この戦いに負ければ「ほら言わんこっちゃない!」と笑われて終わりでしょう。

 

結果で自分の信じた道を証明していくしかないと思います。

スポンサーリンク